無料トライアル
 
 
 

BizRobo! ブログRPAの開発や運用に役立つ情報を配信

第4回「BizRobo! CAMP!!オンライン」を開催しました!

第4回「BizRobo! CAMP!!オンライン」
いいね いいね 0
Loading...

こんにちは!RPAテクノロジーズの稲田です。
今回は2020年8月21日に開催されたBizRobo!のユーザー会「BizRobo! CAMP!!オンライン」についてご紹介します。
5月に初の試みとしてオンライン実施してから早くも4回目。今回は参加して下さったユーザー様からのご意見・ご要望も多く寄せられるアクティブなCAMP!!となりました。
参加してくださったユーザー様、ご登壇くださった株式会社大京アステージの中島様、パネルディスカッションにモデレーターとしてご登壇くださった豊田油気株式会社の磯部様、本当にありがとうございました!

今回のCAMP!!のプログラムは以下の通りでした。本記事も以下の流れでご紹介していきます。

第4回 BizRobo! CAMP!!オンライン【第1部】

  1. 事前アンケートの共有、登壇ユーザーのご紹介 ※本ブログでは割愛させていただきます。
  2. ユーザー様ご登壇(株式会社大京アステージ 中島様)
  3. パネルディスカッション(モデレーター:豊田油気株式会社 磯部様)
  4. 弊社の最新取組の状況共有
    ・新企画:あなたの欲しいサンプルロボットは?
    ・BizRobo! LAND COMMUNITYの新機能
    ・クラウド型RPA 「B!aaS (BizRobo! as a Service)」のご紹介

 
第4回 BizRobo! CAMP!!オンライン【第2部】

  1. OCR分科会・今後についてご説明
  2. DX Suite × BizRobo! 連携ロボット解説

 

第4回 BizRobo! CAMP!!オンライン【第1部】

ユーザー様ご登壇
株式会社大京アステージ 中島様

「RPAを推進するには?」という、参加者様の多くが必要とされている疑問点をテーマにお話しくださいました。RPA推進力とはズバリ、動機×機会×評価であるとのこと。今回は動機・機会・評価の観点からそれぞれRPA推進のヒントを共有してくださいました。
まずはロボット開発の動機について。ファースト・ロボットは欲張らず、「パソコン操作のみ、5分で完結する」業務の自動化を目指したそうです。まずはロボット開発を経験してみることが大切だと仰っていました。
次にロボット開発の機会について。中島様は推進者として開発者のためのロボット開発環境と時間の確保に尽力されているそうです。
最後にロボ開発の評価について。RPA開発に直接関わらない社員の方々に対して、「ロボは予期せず止まるものである」等のRPAリテラシーを“普通のこと”として、自らの言葉と態度で示し続ける必要があると共有してくださいました。

多くのユーザー様にとってRPA推進における悩み事を解決するヒントになったと思います。中島様、貴重なお話をありがとうございました。

RPA推進力

パネルディスカッション

パネルディスカッションでは、前回ご登壇いただいた豊田油気株式会社の磯部様にもモデレーターとしてご参加いただきました。
ユーザー様からはたくさんのご質問をSlidoにお寄せいただき、活発なコミュニケーションを交わすことができました。

本記事では特に盛り上がりを見せていたファースト・ロボについてのディスカッションをご紹介します。
株式会社大京アステージの中島様は、できるだけシンプルなロボットを選んだそうです。具体的には、基幹システムからCSVデータを落としてVBAに渡すという業務を自動化しました。開発時間は2週間でした。
中島様がロボ開発をまずはやってみることに重点を置いた一方で、豊田油気株式会社の磯部様はファースト・ロボで大きな効果を得られる業務を選んだと仰っていました。開発には1か月半かかりましたが、その分膨大な人手と時間を削減できて効果絶大だったそうです。
正反対のお二人のお話からもRPA推進方法に正解はないことが分かりますよね。

※もし推進される中でお困りごとがございましたら、弊社でご相談を承りますので、お気軽にご連絡ください。

中島様、磯部様、本当にありがとうございました!

弊社の最新取組の状況共有

弊社からは以下3つの最新の取組みを共有させていただきました。

1. 新企画:あなたの欲しいサンプルロボットは?

弊社ではCAMP!!参加者の皆様に、小型汎用ロボの配布を検討中です。小型汎用ロボがあればExcel操作、メール送信、カレンダー登録等どの企業様でもお使いいただけるはずです。
このようなロボを作成し、今後キャンプでお配りできればと考えております。
そこで今回のCAMP!!は、参加者の皆様に欲しいサンプルロボをヒアリングさせていただきました。

また、BizRobo!PORTALのナレッジベースにあるページからもサンプルロボをダウンロードできますので是非ご活用ください。
詳しくはこちら

2. BizRobo! LAND COMMUNITYの新機能

BizRobo! LAND COMMUNITYは、BizRobo!開発者様が会社という枠を超えてコミュニケーションをとることができるSNSです。
今回ご紹介した新機能は「個社タブ」機能。組織内のロボを一元管理できる「ロボット管理台帳」、組織内独自のナレッジを蓄積できる「自社ナレッジベース」、組織内開発者が情報交換を行うためのチャットルームの中から、参加者の皆様に欲しいと思うサービスをお伺いしました。

実装して欲しい機能

皆様に答えていただいたアンケート結果を参考にして、これから順次実装してまいります。

BizRobo! LAND COMMUNITY

3. クラウド型RPA 「BizRobo! as a Service」(B!aaS)のご紹介

BizRobo!のSaaS的なサービスとして新たに導入予定のサービスをご紹介しました。
クラウド型RPAでは、これまではできなかったブラウザのみでロボットを開発・実行することができます。つまり、テレワーク中に自宅から安全にロボットを開発することが可能となります。

詳しくはこちら

2020年9月よりトライアルを開始予定です。
ご興味のある方は弊社担当者までご連絡ください。

第4回 BizRobo! CAMP!!オンライン【第2部】

今回は現在構想中のOCR分科会に関して共有させていただきました。

OCRとは手書きもしくは印刷された文字をスキャンした後にコンピュータが処理できる文字データに変換する技術を指します。

現在、OCRサービスであるDX Suiteと弊社サービスBizRobo!のコラボ企画を実施中です。

DX SuiteとBizRobo!のコラボ企画
詳しくはこちら

そこで今回はOCRを活用して画像をスキャンして文字データに変換し、RPAを利用してスキャンしたファイルをアップロードしてメールを送信するロボの使い方を実演いたしました。

今後もユーザー様のご意見を参考にしながらOCR分科会を準備してまいりますので、ご興味のある方はお楽しみに!

第4回BizRobo! CAMP!!オンライン内容のご紹介は以上になります。改めて参加してくださったユーザーの皆様、ご登壇してくださった中島様、モデレーターの磯部様には心より感謝を申し上げます。これからも全国のBizRobo!ファミリー全員で、楽しく有益なBizRobo! CAMP!!を作り上げて行きましょう!

弊社カスタマーサクセス部では今回のCAMP!!でいただいたご意見・ご要望を参考にし、今後ともユーザー様のBizRobo!に関するご支援をさせていただきたいと考えておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

オンラインキャンプはこれからも毎月開催を予定しております。
次回のCAMP!!開催日程は、以下となっております。
9月17日(木曜日)15:00~17:00

※ BizRobo! CAMP!!では、ユーザー様登壇コーナーで登壇してくださるユーザー様を募集しております。登壇していただける方、詳細を知りたい方は、下記までご連絡ください。

RPAテクノロジーズ株式会社 カスタマーサクセスグループ
Email : customersuccess@bizrobo.com