資料請求
 
 
 

BizRobo! ブログRPAの開発や運用に役立つ情報を配信

【セミナーレポート】BizRobo!と他システムの連携で業務自動化の効果をあげるポイントをご紹介

いいね いいね 0
Loading...

業種を問わず、業務効率化や生産性向上のために普及しているRPA(ロボティックス・プロセス・オートメーション)。しかし、どのようにロボットの適用範囲を広げ、効果を上げていくか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、先日開催したセミナーのレポートを通して、RPAと他システムをいかに効率的に連携し、シナジーを出していくかのポイントをご紹介いたします。「RPA導入を検討しているものの、成功イメージが持てていない」「すでに導入しているが、上手く活用できていない」という方はぜひご一読ください。

【完全版】
セミナーのオンデマンド動画を視聴する

BizRobo!×kintoneセミナー

ライター紹介:

長澤 史佳(ながさわ ふみか)
大学在学中に「ハフポスト日本版」と「Forbes JAPAN」にて記事執筆・編集・翻訳などを経験後、新卒で株式会社PR TIMESに入社し、PRプランナーとして化粧品メーカーや食品メーカーを担当。2022年よりRPAテクノロジーズ株式会社に入社し、コンテンツ企画や広報を手掛ける。

登壇者紹介

  • 井田 恵理氏

    RPAテクノロジーズ株式会社
    Local Transformation Division
    井田 恵理

  • 新井 誠氏

    RPAテクノロジーズ株式会社
    Product Delivery Division
    新井 誠

BizRobo! 紹介

RPAテクノロジーズ株式会社が提供する「BizRobo!」は、RPA(※1)をコア技術とし、私たちが日々行っているパソコン上での作業を効率化してくれるソフトウェアのロボットです。人間が行っている業務をロボットに任せることで、人的ミスを防ぎ、慢性的な人手不足を解決へと導いていきます。

※1 「ロボティックス・プロセス・オートメーション」の頭文字を取った言葉。人間の代わりに業務を行うことから「デジタルレイバー(新しい労働力)」とも呼ばれている

BizRobo! 紹介

【徹底解説ブログ】誰にでもわかるRPA

BizRobo!×kintoneセミナー

BizRobo! 5つの特徴

① 10年以上の実績
RPAテクノロジーズは、国内で10年以上の開発・運用実績とノウハウがあるRPA先駆者。国内最大級のRPAイベントの開催やメディアへの寄稿も行っています。
② ノンITでも使える
直感的に操作できる画面でスムーズに開発できます。必要な知識をサポートするためのeラーニングやセミナーなどは追加料金なしで受講可能です。
③ 充実したサポート体制
専任のカスタマーサポートチームによる伴走型支援を提供しています。また、トライアルから導入後3カ月まで、チャットを使った無償サポート付き。
④ 幅広いラインナップ
スモールスタート向けのデスクトップ型(BizRobo! mini)や大規模展開に最適なサーバ型(BizRobo! Basic / BizRobo! Lite)など、豊富なラインナップでニーズに合った製品をご提案します。RPAを拡大したい場合にも、シームレスに移行が可能です。
⑤ 多様な機能
あらゆる画面でのコントロールを可能にする機械学習による画面解析機能やパソコンを占領されずに実行できるバックグラウンド処理など、機能が充実しています。

「BizRobo!」
各種資料ダウンロードはこちらから

BizRobo!×kintoneセミナー

kintone 紹介

サイボウズ株式会社が提供する「kintone」は、自分たちの業務に合わせたシステムを自ら作れるプラットフォームサービスです。表計算ソフトよりも快適に、専用ソフトよりも柔軟に、自社でシステム開発するよりもスピーディーかつ低コストでサクッと業務改善を実行することができます。

kintone 紹介

「kintone」でできること

① 業務システムアプリを必要な数だけ追加できる
kintoneはアプリやコミュニケーションスペースをいくつでも追加可能です。必要な数だけ用意して、自分だけのカスタマイズができます。
② 外部サービスや基幹システムとの連携
「BizRobo!」をはじめ、様々なサービス・システムと連携することで最大限活用することができます。
③ データを共有し、見える化できる
SNSのようなコミュニケーションとエクセルのようなデータ管理が一画面に集約できるので、チームの仕事を見える化できます。
④ 様々なデバイスからのアクセス
スマホやタブレットなど、マルチデバイス対応。日・英・簡・繁に対応しているので、インターネットにさえ繋がれば海外からも利用可能です。
⑤ kintoneさえ見れば仕事が進められる
メールにファイルを添付したり、紙の書類を回したりすることなく、ブラウザ上ですべての仕事を進めることができます。

BizRobo!×kintone 連携するメリット

ここからは、ここまでにご紹介したBizRobo!とkintoneを連携するメリットを解説していきます。

・申請/承認プロセス
メールでの申請や紙での提出に比べて、kintoneひとつで完結することができます。
・進捗状況
バラバラで管理していると業務の進捗状況が見えづらいこともありますが、ひと目で確認できるようになります。
・情報共有
BizRobo!での処理完了後、kintone上で自動で関係者で通知することで、通知がメールで埋もれることや関係者のリスト精査の手間がなくなります。
・一元管理
連携することで関わる業務と紐付けて、情報の集約が可能です。
・処理履歴/RPA運用
BizRobo!と連携することで、処理状況が容易に確認でき、シナリオ設計もシンプルになります。

BizRobo!×kintone 連携するメリット

BizRobo!×kintone 連携事例のご紹介

見積書作成で複数のツールやシステムを利用している場合、データの転記や入力を繰り返してミスや遅延が発生してしまいます。ここでBizRobo!を使って自動化すると、データの転記や出力をロボットにまかせることができ、業務が効率化できます。しかし、情報は各所に点在したままです。

ここでkintoneと連携することで、案件管理から1クリックで見積依頼することができ、申請や承認まで完結することができます。また、案件管理から見積履歴がひと目で確認可能です。

BizRobo!×kintone 連携事例のご紹介

BizRobo!×kintone 連携活用のヒント

BizRobo!の苦手はkintoneで補う

紙や不統一なデータの処理は、RPAが苦手とする分野です。その分野をkintoneに登録しておくことで、BizRobo!が後続の処理をすることができます。処理対象の絞り込みや高負荷な処理をkintoneの機能で補完できるので、苦手を補うように使用しましょう。

BizRobo!とkintoneに役割分担させる

kintoneで電子データ化し、そのデータを基にBizRobo!に定型作業を任せる。その後、処理結果の受け皿として再びkintoneを使う、など、役割分担してさらなる業務効率化を目指すことができます。

BizRobo!の開発はkintoneの運用が固まってからにする

kintoneは柔軟に開発できるツールがゆえ、BizRobo!と同時に開発してしまうと工数が膨れ上がる可能性があります。BizRobo!を開発するのは、kintoneの運用が固まってからにするのがおすすめです。

業務を理解した上で開発・連携させる

業務を知らずに開発したアプリやロボットは、実際の現場では使えないこともあります。まずは業務フローをkintoneアプリで構築し、そのあとに定型作業をBizRobo!で自動化しましょう。

BizRobo!×kintone 連携活用のヒント

コネクター(Connector)とは

コネクターとは、BizRobo!が他のプログラム(SaaS、アプリケーション)と連携やデータ加工をするための部品です。誰でも迷わずに使えるよう、プロジェクトに追加すると簡単に使えるようになっています。コネクター一覧は「Robot-Hub」で公開していますので、ぜひご覧ください。

コネクター(Connector)とは

「Robot-Hub」はこちらから

BizRobo!×kintoneセミナー

kintoneのコネクター紹介

コネクターには、様々なアプリと連携して操作を行うアプリ連携と便利な機能を実装したユーティリティの2種類があります。kintoneはアプリ連携のコネクターとなり、実際に連携させるためには認証を実施する必要があるため、詳しくは下記をご一読ください。

認証実施方法はこちらから

BizRobo!×kintoneセミナー

現時点でのkintoneコネクターには、下記の機能が備わっています。

  • ・レコード取得、編集、削除
  • ・レコード内へのコメント投稿
  • ※テストバージョン時点の機能です

コネクターを使用することで、1ステップでレコード取得などが実行できるようになる上、マニュアルが完備されているため設計・開発のコスト削減にもなります。さらに、保守・管理の面でも、多要素認証(MFA)の機能がオンになっていたとしてもコネクターの動作は問題なく動くため、ロボット開発のためにセキュリティの強度を落とす必要はありません。

BizRobo!をさらに活用していきたいと考えていたら、ぜひkintoneと連携し、さらなる業務効率化を目指してみてください。

この記事のまとめ

  • ・BizRobo!は様々な製品やツールと連携可能。kintoneと連携することで、苦手分野を補うことができる
  • ・連携にはコネクターの使用が便利。設計・開発のコスト削減になり、簡単に実装可能

セミナー完全版につきましては、ぜひ下記からオンデマンド配信をお申し込みください。より詳細な説明に加えて、質疑応答などもご視聴いただけます。

【完全版】
セミナーのオンデマンド動画を視聴する

BizRobo!×kintoneセミナー

また、今後もWebセミナーやすでに実施したセミナーのアーカイブ配信もご用意しております。ご不明点やRPAについてご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Webセミナー一覧:https://rpa-technologies.com/seminar/

お問い合わせ:https://rpa-technologies.com/inquiry/contact/