2024年6月、RPAテクノロジーズ株式会社は、会社統合の上、オープン株式会社へ社名を変更しました。
 
 
 

ニュース

INFORMATION

福岡・浅川学園台在宅クリニックがBizRobo!を導入し、医師の事務作業が最大75%削減

~コロナ禍、事務増大化をRPAで解決!診療のための余力を確保~

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)は、浅川学園台在宅クリニック(所在地:福岡県北九州市、院長:河野 精一郎)にRPAツール「BizRobo!」の提供を行い、新型コロナウイルスの対応でひっ迫していた医師の事務作業を自動化し、診療時間の確保に貢献したことをお知らせします。 

BizRobo!導入に至った経緯

浅川学園台在宅クリニックは、北九州市八幡西区および近隣に住む患者80人に対する在宅医療を提供しています。以前から訪問看護指示書など、医師が作成しなければならない事務処理等については休診日に対応していましたが、新型コロナウイルス・ワクチン接種時の問診対応等の業務が増大し、患者の診療時間がひっ迫しかねない状況となっていました。 

そこで院長の河野 精一郎氏はRPAを活用した業務効率化を検討し、一般社団法人メディカルRPA協会が2022年2月に開いたオンラインセミナーに参加しました。在宅クリニックにおけるRPA活用事例を知った河野氏は、医療業界での事例が豊富かつ協会が推奨する、RPAテクノロジーズのクライアント型RPAツール「BizRobo! mini」の無償トライアルを経て、2023年夏から本格導入に踏み切りました。
データベース運用などの経験があり「もともとITが好きだった」という河野氏は、BizRobo!採用の決め手について「トライアル期間中にロボットを開発してみたところ、従来から使っている電子カルテ『セコムOWEL』の操作を確実に自動実行でき、またソフトウェアロボットを実際にカスタマイズすることもできたので、安心して導入を決めました」と語っています。
コスト面でも、医師である河野氏がRPA導入によって事務作業から解放される見込み時間を時給換算したところ、ライセンス費用の方が安価だったことから、見合う効果が十分期待できると判断されました。

院長の事務作業時間を最大75%削減

現在浅川学園台在宅クリニックでは、 
① 医師が患者に毎月交付する「在宅療養計画書」の自動作成 
② 医師が訪問看護ステーションに毎月交付する「訪問看護指示書」の自動作成 
③ 事務職員が患者宛に毎月作成する「医療介護費月まとめ請求書」の発行 
いう、合計3つの業務でBizRobo! miniを活用しています。 
このうち在宅療養計画書と訪問看護指示書の発行については、河野氏が対応していた事務作業を最大75%削減し、毎月10時間弱の時間削減効果を創出しています。また事務員が毎月5時間かけて対応していた請求書発行作業も、ほぼ完全に自動化できたことで時間・精神的な余裕の創出につながっています。  

浅川学園台在宅クリニック/BizRobo!導入事例記事:https://rpa-technologies.com/case/case075/

今後の展望

個人開業の在宅クリニックにおける患者数が一般的に50人程度とされる中、1.5倍以上の人数を受け入れている浅川学園台在宅クリニックでは、今後もBizRobo!による業務効率化を進める方針です。 
直近では、外部のケアマネージャー宛てに毎日発行している「居宅療養管理指導」の書類作成を自動化するほか、連携する施設との連絡に使用するグループウェアから電子カルテへの自動転記などを整備する予定です。 

RPAテクノロジーズは、各地域・業界ごとに異なる課題解決・目的実現に向けた事業変革=LX(ローカルトランスフォーメーション)を全社方針として、RPAの普及・啓蒙活動を進めています。特に医療業界においては、一般社団法人メディカルRPA協会とともに「業務改善・医療の質の向上・収益向上」を目的として、人材不足や働き方改革といった問題の解消に寄与できるよう、今後も人とデジタルレイバーの協働、医療DXを推進していきます。

※ LXとは:https://rpa-technologies.com/insights/about-lx/ 

■「BizRobo!」について

「BizRobo!」は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットの導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。

詳細につきましては製品ページ: https://rpa-technologies.com/products をご覧ください。

主要製品ラインナップ

・BizRobo! Basic   : https://rpa-technologies.com/bizrobobasic

・BizRobo! Lite     : https://rpa-technologies.com/lite

・BizRobo! mini   : https://rpa-technologies.com/bizrobomini

【会社概要】

■RPAテクノロジーズ株式会社 (https://rpa-technologies.com)

  • 本社所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F
  • 設立   :2013年7月
          クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける
          オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572東証プライム)
          より、会社分割により100%子会社として設立
  • 代表者  :代表取締役 執行役員社長 大角 暢之
  • 資本金  :3,000万円
  • 事業内容 :RPA、AIを活用した情報処理サービス業 、コンサルタント業務
          BizRobo!を活用した新規事業開発・推進
  • 福岡オフィス所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前 1-15-20 NMF博多駅前ビル 2F 

浅川学園台在宅クリニック(https://asakawagakuendai.com/)

  • 所在地 :福岡県北九州市八幡西区浅川学園台2丁目11番13号 
  • 設立  :2018年9月1日
  • 院長  :河野 精一郎
  • 診療科目:内科、神経内科、脳神経外科