無料トライアル
 
 
 

NEWS ニュース

INFORMATION

新車・中古車販売、車検・整備など自動車関連サービスの株式会社オートウェーブ、
「BizRobo! Paper-free」導入にて、店舗帳票の”全面”電子化の取り組みをスタート
代車借受同意書、車両確認シート等の同意・確認・説明書18種類の帳票を電子化!

 RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、6572東証一部)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)が提供するペーパーレスサービスBizRobo! Paper-freeを、株式会社オートウェーブ(本社: 千葉市稲毛区、代表取締役社長: 廣岡 大介、2666東証JSQ、以下「オートウェーブ」)が活用し、千葉県内の関連する全店舗にて、店舗帳票の電子化の取り組みをスタートしたことをお知らせします。

BizRobo! Paper-free」導入の背景

 オートウェーブは、新車・中古車販売、車検・整備など自動車関連サービスを提供する店舗を千葉県に展開しています。自動車の部品やメンテナンスは多種多様にわたり、付随する帳票も数十種類以上存在しております。これらの帳票は、販売やメンテナンス作業を行う場合に、お客様に安心・安全にカーライフを楽しんで頂くための、重要事項や留意事項、確認事項などを説明・記録するもので、直筆の署名を頂いたのち証憑として保管する必要がありました。

 こうした帳票を紙で運用していたことから、記入内容の抜け漏れが発生することや、物理的なスペースの圧迫、帳票のファイリング、探索、データの突合や集計などの作業が煩雑になるといったことが現場スタッフや管理者の負担になっていました。

 そこで、店舗の各種帳票を全面的に電子化し、その後のトータルプロセスを含めた効率性・生産性向上を推進するためにBizRobo! Paper-freeの全店導入を決定いたしました。導入1ヵ月ほどで既に18種類の帳票の電子化を行い、これらの課題解決と業務効率化に繋げています。

BizRobo! Paper-free」導入の効果

 BizRobo! Paper-freeを導入することで、慣れ親しんだ帳票レイアウトをそのままに、手書き入力やチェックボックス、日付入力など、簡単に電子帳票の作成と入力を行うことが可能になります。

 これによって、現場の作業者は従来通りに帳票の入力とお客様から署名を頂くだけで作業が完結します。管理者は、簡単な操作でデータを纏めてフォルダに保管したり、データのチェックや集計を行ったりすることができます。

 また、入力された帳票データに対するアクセス権限を付与し、管理者側で一元的に保管することによるコンプライアンスの強化や、入力の抜け漏れをチェックすることによる、ミスや手戻りの軽減、入力後のデータの容易な検索など、作業品質の向上も見込めます。  さらに、各種資料・文書の電子データ化をしたことで、紙の使用量削減による資源保護とゴミの減量に成功しています。引き続き、限りある資源の有効利用と環境への負荷低減に取り組んでまいります。

【電子化に成功した18種類の帳票】

・代車借受同意書    

・車両確認シート

・ドライブレコーダー購入時の留意事項説明書

・ETC車載器チェックシート

・バルブ交換受付書

・お持込み作業同意書

・タイヤ・ホイール着脱に伴う重要事項説明書

・テレビキット取付時のご説明書 兼 確認書

・ナビゲーション取付時の確認書

・プラグ交換作業時の確認書

・ブレーキ作業時の確認書

・ホーン取り付け作業時の確認書

・マフラー取り付け作業時の確認書

・誤発進防止 留意書

・足回り作業時の確認書

・中古タイヤ組み換え依頼同意書

・電球作業時の確認書

・整備保証についての案内

18種類の帳票を電子データ化】

導入担当者の声:株式会社オートウェーブ 経営企画室 佐藤憲一

 「ペーパーレス化を進めるうえでのツールの選定軸としては、電子的に保存できる、電子的なサインの有効性、抜け・漏れのチェックがしっかりできること、などを重要視しておりました。色々なツールがあるなかで、BizRobo! Paper-freeは、上記を満たしつつ、既存の紙帳票の電子化が容易だったこと、初期の帳票作成など準備のための支援があったこと、またシステム開発などに比べ安価に導入できることが、決め手となりました。 今後は、タイヤ保管サービスの申込書帳票にも適応し、顧客リスト作成負担軽減を図るなど他の帳票の電子化も展開していきたいと思っています。」

BizRobo! Paper-free」について

 「BizRobo! Paper-free」とは、誰でも、すぐに、シンプルにペーパーレス化を実現するサービスです。手書き入力や、情報の記録や保管、伝達など、紙が有する特性を、デジタルで表現しながら、システム連携やデータの保管や集計などの後続処理までの業務プロセスをRPAやAPI等と連携し、一気通貫デジタル化するソリューションです。これまで業務のデジタル化においてボトルネックになっていた「紙」そのものをなくすことで、デジタルシフトを一気に加速させることができます。

 今回のプレスリリースを観て、お問合せ頂いたお客様には、ご希望の帳票作成を含めた無償トライアルを特別に御案内させて頂きますので、ぜひお気軽にお問合せください。

・お問い合わせはこちら:

   https://rpa-technologies.com/inquiry/contact/

・製品紹介資料ダウンロードはこちら:

   https://rpa-technologies.com/inquiry/products/catalog/?pdct=paperfree

■「BizRobo!」について

「BizRobo!」は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボットの導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。

「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。

詳細につきましては製品ページ: https://rpa-technologies.com/products/ をご覧ください。

主要製品ラインナップ

 ・BizRobo! Basic               : https://rpa-technologies.com/bizrobobasic/

 ・BizRobo! Lite                 : https://rpa-technologies.com/lite/

 ・BizRobo! mini                : https://rpa-technologies.com/bizrobomini/

 ・BizRobo! DX Cloud     : https://rpa-technologies.com/dxcloud/

【会社概要】

RPAテクノロジーズ株式会社について (https://rpa-technologies.com)

・本社所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー8F

・設立:2013年7月

       クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける

       オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572東証一部)

       より、会社分割により100%子会社として設立

・代表者:代表取締役 執行役員社長 大角 暢之

・資本金:3,000万円

・事業内容:

     RPA、AIを活用した情報処理サービス業、コンサルタント業務

     BizRobo!を活用した新規事業開発・推進

株式会社オートウェーブについて (https://auto-wave.co.jp/)

・本社所在地:東京都中央区日本橋堀留町2-8-4 日本橋コアビル

・設   立:1990年9月

・代 表 者:廣岡 大介

・資 本 金:100,000,000円(2020年3月31日現在)

・事 業 内 容:カー用品販売、カートータルメンテナンスサービス 【コード番号2666東証JSQ)】