無料トライアル
 
 
 

NEWS ニュース

INFORMATION

(一財)建材試験センターがRPAテクノロジーズ「BizRobo! mini」を導入。勤怠の一括管理で、実労働時間の可視化へ~実労働時間と申請労働時間の乖離是正により、残業時間の大幅削減に成功~

RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋知道、以下「RPAホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:大角暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)が提供するRPA ツール「BizRobo! mini」を活用し、建材や建築・土木に関する試験・認証等を行っている一般財団法人建材試験センター(本社:東京都中央区、理事長:福水健文、以下「建材試験センター」)は、導入開始時より全従業員約240名の平均残業時間の大幅削減を達成したことをお知らせいたします。

一般財団法人 建材試験センター

導入事例URL : https://rpa-technologies.com/case/case047/

■「BizRobo! mini」導入背景

建材試験センターの全国の職員約240名の勤怠ログデータ連携の管理において、タイムカードを打刻した後も、いわゆる“サービス残業”のような時間外労働が発生していました。今回の「BizRobo! mini」導入は、職員の『実労働時間』と、管理者が日頃把握している『申請労働時間』との乖離を是正することを目的としており、当初は実労働時間の可視化ができるシステムの構築を検討していましたが、データの集計作業に時間がかかることが判明したため、「BizRobo! mini」を活用して各システムからデータを収集し、一括管理をすることとなりました。「BizRobo! mini」を選定した背景には、ハンズオンセミナーで操作を体験した際に感じた利便性やロボットの開発容易性だけでなく、ロボットが増える際のライセンスコスト等も総合的に判断し、導入を決定いたしました。

「BizRobo! mini」による勤怠ログデータ連携管理
「BizRobo! mini」による勤怠ログデータ連携管理

■業務領域

  1. PCのログ管理に使用しているシステム『SKYSEA Client View』の従業員のパソコン利用時間(ログイン・ログアウト)
  2. 就業管理システム『クロノスPerformance クラウド』のタイムカードの打刻時間(出社・退社)
  3. 残業申請時間

これら1〜3の差異を「BizRobo! mini」でCSVデータとして記録し、業務改善プラットフォーム『kintone』上にアップロードします。もしも実労働時間とタイムカードや残業申請との間に“一定の差異”があった場合は、対象者(所属長)にメールでフィードバックが行われます。各事業所の企画管理課長と連携しながら各システムのクラウド化も進め、現在は毎日1〜2時間ほど、1台の「BizRobo! mini」が稼働しています。

■導入効果

システムを連携した仕組みによって実労働時間の可視化が可能になり、実労働時間と申請労働時間の間に大きな乖離が生じていた職員はほぼゼロになり、所属長が正確な勤怠状況を把握・判断できるようになったことで、不明な状況下での居残りはなくなりました。
またテレワーク勤務時でも集計可能なため、遠隔での労働時間管理でも役立っています。

■今後の展開

一般財団法人建材試験センター 総務課長 石井俊靖
当センターは全国に事業所を置いています。各事業所の基幹システムとBizRobo!を連携し、定型作業を自動化していけば、職員1人当たりの労働生産性を上げていけるかもしれません。総務部としても人事管理ソフトとの連携を検討中で、人事管理ソフト内の情報から異動履歴・所持資格を抽出し、ある程度の人事異動の方向性を算出できる仕組みを構築できれば面白いと思っています。

■「BizRobo!」について

BizRobo!

「BizRobo!」は、ホワイトカラーの生産性を革新する、ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームです。「ロボット」と「IT」によって、ホワイトカラーをルーティンワークから解放し、企業を始め社会全体の生産性向上を図り、未来の働き方を変えていきます。

■製品ラインナップ

・BizRobo! minは、こちら

・BizRobo! Liteは、こちら

・BizRobo! Basicは、こちら

・BizRobo! DX Cloudは、こちら

【会社概要】

■RPAテクノロジーズ株式会社について(https://rpa-technologies.com/)

・本社所在地:東京都港区虎ノ門1-23-1虎ノ門ヒルズ森タワー8F

・設   立:2013年7月

クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛けるオープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、コード番号6572東証一部)より、会社分割により100%子会社として設立

・代 表 者:代表取締役 執行役員社長 大角 暢之

・資 本 金:3,000万円

・事 業 内 容:コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

■一般財団法人建材試験センターについて(https://www.jtccm.or.jp/)

・本社所在地:東京都中央区日本橋堀留町2-8-4 日本橋コアビル

・設   立:1963年8月

・代 表 者:理事長 福水 健文

・資 本 金:245,990,000円

・事 業 内 容:品質性能試験事業、工事用材料試験事業、マネジメントシステム認証事業、性能評価事業、製品認証事業