NEWS ニュース

INFORMATION

RPAテクノロジーズ「BizRobo!」×伊予鉄総合企画 BizRobo!パートナー契約を締結 ~「働き方改革」推進・支援のRPAソリューション「IyoRobo」を 2019年3月11日(月)より四国エリアの企業・公共団体へ提供開始~

RPA ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:高橋 知道、以下 「RPA ホールディングス」)子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大角 暢之、以下「RPAテクノロジーズ」)と、株式会社伊予鉄グループ(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:清水 一郎)のグループ会社である伊予鉄総合企画株式会社(本社:愛媛県松山市、代表取締役社長:元屋地 裕之、以下「伊予鉄総合企画」)は、BizRobo!パートナー契約を締結し、四国エリアの企業・公共団体等へ「BizRobo!」を使用した新しい働き方改革の推進・支援を実現する「IyoRobo」サービスを2019年3月11日(月)より提供開始いたします。

 

現在、日本国内において、急速な少子高齢化に伴う労働生産人口の減少・不足が問題になっており、生産効率の向上や働き方の刷新が求められる中で、企業や公共団体でホワイトカラー業務の効率化・自動化を行うRPAへの注目が高まっており、デジタルレイバーとしてのRPA導入が全国各地で進んでいます。

 

この度の提携では、企業の 51.1%が正社員不足、過去最高を更新という発表(*1)があるほど、人手不足の打開が急務である四国エリアへの対応策として、RPAテクノロジーズのRPAソリューションプラットフォーム「BizRobo!」を使用した新しい働き方改革の推進・支援を提供いたします。伊予鉄総合企画が培った人材サービス・システム開発のノウハウと新技術RPAの販売・導入・運用サポートにより、企業の抱える「人材不足・長時間労働」の問題をトータルにソリューションいたします。人間とロボットの協働による企業・公共団体等の生産性向上に寄与し、愛媛県を中心に四国地域の更なる発展に貢献いたします。

 

今後もRPAテクノロジーズは、ホワイトカラーの労働生産性向上のため、このようなパートナー戦略を通じて、RPAの大衆化を推進させるとともに、地産地消型RPAの普及を積極的に進めてまいります。

 

*1:帝国データバンク「四国地区 人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)」より

 

 

【会社概要】

■RPAテクノロジーズ株式会社について (https://rpa-technologies.com/)

・本社所在地:  東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F

・設立:  2013年7月

クライアント企業の新規事業に対する投資及びコンサルティングサービスを手掛ける

オープンアソシエイツ株式会社(現:RPAホールディングス株式会社、

東証マザーズ証券コード6572)より、会社分割により100%子会社として設立

・代表者:  代表取締役社長 大角 暢之

・資本金:  3,000万円

・事業内容:  コンピュータ、その周辺機器およびそのソフトウェアの開発、設計、製造、販売ならびに輸出入業務/情報処理サービス業および、コンサルタント業務/情報提供サービス業/

マーケティングリサーチおよび各種情報の収集分析

 

 

伊予鉄総合企画株式会社について(http://www.iyoplan.jp

・本社所在地: 愛媛県松山市三番町四丁目 9番地 5松山センタービル

・設立: 昭和 61 年 4月 1日

・代表者: 代表取締役社長 元屋地 裕之

・資本金: 5,000 万円

・事業内容: 一般労働者派遣及び請負事業

民営職業紹介事業

事務処理代理サービス業及び人材教育関連事業

コンピュータ機器販売及び情報処理関連開発提供サービス業

児童厚生施設の経営広告宣伝代理業

公共施設の運営及び維持管理に関する業務

保育園の経営