無料トライアル
 
 
 

Industry applications業務適用事例

表示結果

担当部署

特別勘定運用部

変額インデックスバリューを確認する業務

業種金融

担当部署特別勘定運用部

選定理由

・業務を20分以内に終わらせなければ自社サービスの停止につながる恐れがあるため、担当者に相当なプレッシャーがかかっている
・値確認を目視で行うため、ミスを防ぐために多重チェックを行っており、これにも時間がかかっている

1. 毎朝、変額インデックスバリューが更新される
2. 担当者はインデックスバリューの更新内容を印刷し、値を確認
3. 課長補佐は印刷資料を確認し、値を再確認
4. 課長は印刷資料を確認し、値を最終確認
5. 担当者は最終確認後、関係者にインデックスバリューに関するメールを送付
1. 毎朝、変額インデックスバリューが更新される
2. ロボットはあらかじめ定まったルールによって値を確認
3. 関係者にインデックスバリューに関するメールを送付

効果

・一連の作業を全てロボットが代行し、作業の高速化とヒューマンエラーの防止を実現
・ヒューマンエラー防止のため行っていた、上司による再確認・最終確認を廃止
・資料の印刷が不要となったため、印刷コストを削減